動物病院

2017年4月 2日 (日)

はやて、目の治療が一段落しました

  • 0402
    2週間前のはやてです。

  • ブログに書くのが遅くなりましたが、3月24日は2週間ぶりの通院日でした。

  • (インスタには投稿したのですがsweat01

  • 目の傷としては完治しているので、だんだん通院間隔が空いています。
    次回は一月後になります。

  • はやての目は、やはり見えていません。
    上の写真を見ると、見えている猫ちゃんとは違いますね。
    レーザーポインターにも反応しないそうです。
    そして、今後見えるようになる可能性はないと言われてしまいましたweep
    私はまだ望みを持っていたのですが…
    ショックではあります。
    でも、先生はがんばってくださいましたし、はやてももちろんがんばりました。
    なにより、見えないとは思えないようなはやての様子、明るく元気で…変わらず天真爛漫で…その姿に元気をもらっていますshine

    視力を残してあげられなくて、ごめんね、はやて。
    先生もはやてもお母さんも、みんながんばったんだけど…
    これからは、ありすとお母さんがはやてを守っていくからね。
    しおたんのお父さん、お母さんもみんな優しくしてくれるよね。
    (いつも通院を付き合ってくださる友人夫妻です。)
    嬉しいね、はやてhappy02
    はやての目は見えないけれど、楽しく暮らしていこうねcatface


    0219

    ママ、まだおつたえすることがあるですよ…

  • ありがとう、ありちゃん。
    寝ながら気にしてくれてたのねcoldsweats01

    • はやてに限らず、水晶体を損傷した猫ちゃんは、気をつけないといけない病気があります。
      ネコ原発性眼球肉腫という病気です、たぶんsweat02
      先生は略称で言われていたので、自分で調べてみました。

    • 原因不明の病気で、水晶体を損傷した猫ちゃんだけが発症する可能性があります。
      この肉腫は眼球内だけに留まらず、眼球の外へも広がります。
      そのため、早期に発見して眼球を摘出しないと命を落とすことになります。
      アメリカで発見され研究中の病気で、日本ではまだあまり知られていないそうです。
      ご存じない獣医さんも多いそうですし。
      はやてを診てくださっている先生は、今のところまだ診たことはないと言われていました。
      はやてが水晶体を損傷したかはわかりませんが、可能性はあります。
      そのため、定期的な通院を生涯する必要があります。
      肉腫は、5年後くらいから発症する危険がでてくるそうです。
      発症したら、左目もなくなってしまいます…despair
      悲しいけれど、もちろん命にはかえれない…
      はやての先生は眼科専門医なので、そんな怖い病気をご存じだから良かったです。
      はやてのように、眼球を損傷して温存できている猫ちゃんのお父さん、お母さんは、このことを頭に置いて見守っていてほしいと思います。

2017年2月19日 (日)

はやて、抜糸しました

02191

昨夜のふたりheart04
ありすは膝の上で、はやては私の横で寝ていますsleepy
仲良くなったでしょうhappy01

はやてさん、本日は通院日でした。
今朝目薬を点そうとして見ると、あれ?目が開いてるやんsweat01
昨日までは、目頭部分しか開いてなかったのにwobbly
セルフ抜糸でしたが、それは特にいいそうでよかったcoldsweats01

写真で説明していただいたのですが、再生シートは現在肉芽組織になっている状態だそうです。
眼に開いた穴はふさがっているので、手術としては目的を果たした状態で、ここからどこまで再生するかははやてのチカラ次第になります。
透明な角膜になるのは無理だろうと言われました。
現在は目の真ん中がふさがっている状態で、光を当てても反応しなかったそうです。
でも、日常生活を見ていると「見えていない」ようには思えないとお話しすると、もとからある組織で光を感じている状態ではないかと言われました。

今の状態でも、日常生活に支障はありません。
でも、あともう少し見えるようになってほしいな…と思っています。
今の目の状態では、ありすと追いかけっこはできません。
以前楽しそうにしていた追いかけっこを、またできるようになってほしい。
もっと自由におもちゃで遊べるようになってほしい。

もっといえば、ベランダに来る鳥とか蝶とか見えるように…と思いますが、それはちょっと無理なのかな…

私が出社しているときの、寝室での隔離もまだ続きます。
カラーも、目薬も、飲み薬も、まだ続きます。
早く自由に過ごせるようになってほしいけど、まだまだ辛抱だね、はやて。
はやては強運の持ち主のはずだから、きっと良い方向に向かうと思うよ。
そのために、いっしょにがんばろうねsign03

今日も友人夫妻が、通院に付き合ってくれましたshine
はやては今回も、車の中で大はじゃぎhappy02
とても楽しそうで良かったねheart04
今はぐっすりと眠っていますsleepy

2017年2月12日 (日)

はやて、退院しました

0212

これは手術前のはやてです。
手術後の写真は、スマホでしか撮っていなかった…coldsweats01


月曜日の10時くらいに病院へ電話をしたところ、退院できると言われました。
執刀医は午後診療のときは手術で対応できないとのことで、すぐに病院に向かいました。
病院では先生から手術の詳細説明を受けました。
PCに写真を出して、飛び出ている部分を切除して再生シートを縫い付けて…と説明してもらいました。
はやては元気いっぱいで鳴いていました。
先生は「はやてくん、鳴き声が大きいですね(^-^;」と苦笑されましたsweat01

帰宅後は特に問題なく過ごしています。
カラーが長くなったので、あちこちぶつけたりして、ちょっと不便かな?
私が会社に行っている間は、念のため寝室に隔離しています。
ありちゃんと猫パンチごっこしないように(^-^;
隔離した初日、残業をして帰宅すると怒ったように鳴いているはやて(゚ー゚;
寝室は荒れ放題で、うんちまで転がっていましたcoldsweats01
その後は初日ほど荒れていませんが…まぁそれなりな感じですcoldsweats01
2段ケージを購入したのですが、棚板が思ったより高い位置にあって…。
それプラス、柵の間からありすの手が入ってしまう…。
ケージに小さいキャットタワーを入れたり、ケージを覆うビニールシートを購入したりしましたが、長時間の隔離は寝室でいいかな、と思っています。
短時間留守にするとき、買い物のときなどにケージを使っています。
普段は扉を開けておいて、遊び場としても使えるかな。
大きいのでかさばりますけどもcoldsweats01


昨日は通院日でした。
ここのところすごく寒いので、通院も寒いだろうと心配していたところ、友人夫妻が送り迎えしてくれましたshine
せっかくの休日なのに、朝からお昼まで付き合ってくれたんですshine
優しい友人夫妻には感謝だね、はやてhappy02
はやてはめちゃ元気で、車の中でも大はしゃぎでしたcat

診察してもらったところ、順調だと言われましたhappy02
良かったねぇ、はやてshine
この調子だね。何事もないように、気を引き締めてがんばらないとrock

はやての様子は、なにかしら見えていそうです。
まったくなんにも見えていない様子ではありません。
ティッシュを落としても反応しますし。
とはいえ、まだまだこれからでしょうから、ゆるりと見守っていこうと思います。



2017年2月 5日 (日)

はやて、手術を受けました

01293

仲良しショットcamera はやてくん、あくびですねheart04
今はどうしているのかなぁ…

前回の記事から出来事を、順を追ってご説明します。

角膜を再度傷つけてしまい、元気がなかったはやてですが、月曜くらいにはずいぶん元気になってきましたヽ(´▽`)/

月曜日、心配いっぱいで帰宅すると、はやてがお出迎えにきてくれていました。
元気そう…ホッとして見ると、左目の突起物が膨らんでえんどう豆くらいになっていますw(゚o゚)w
驚いて病院に電話をしたところ、特に今できることはないので手術まで待機してください、でした。
はやて自身は元気でした。

そして水曜日、今度はデラウェアみたいに膨らんでいた部分が破れてしまいました(lll゚Д゚)
ごはんのときに食べにくそうだったので、カラーを外していたのです。
そのカラーを着けるのが遅れてしまった…またもや私の失態です(ノ_≦。)
破れただろうとき、はやては鳴き声をあげました…
駆けつけてみると、はやてが座っていて、前に水滴がポタポタと…
可哀想に…きっと痛かったと思います(;д;)
慌てふためく私をよそに、はやてはちょこちょこし始めて、何事もなかったように遊びだしました。
ありすと追いかけっこするし、取っ組み合いまで∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
病院に電話をしましたが、今回も待機してください、でした。

その後、はやては平和に過ごし、目もなにかしら見えている感じでした。
小さいおもちゃを転がして遊んだり、追いかけっこしたり、細いところを歩いたり(@Д@;

そして昨日、はやて手術の日です。
はやてを病院に連れて行きました。
血液検査、血液凝固検査などもクリアして、手術内容の説明を受けました。
そのときに先生はこう言われました。
「僕が今回の手術を受けたのは、猫ちゃんだからです」と。
はやての左目は、わんちゃんだと治療しても無理、猫ちゃんでももう片方の目が残っていれば諦める状態だそうです。
はやては左目しかないので、なんとか残してあげたいと。
そして先生が前から言われる、猫は犬に比べて眼の再生力がはるかに高いことから、そしてまだ子猫であることから、再生を期待できると考えて手術を決断したと言われました。

昨夜、先生から手術は無事に終わったと連絡をいただきました。
この後、見えるようになるかは、はやてのチカラ次第になります。
術後は、眼を守るためにコンタクトレンズをつけて、さらにまぶたを閉じて2カ所止めると言われていましたが、当初の懸念どおりコンタクトレンズはできなかったそうです。
猫用のレンズは1種類しかなく、はやては体が小さく合わなかったそうです。

先生とお話ししているバックで、はやてが大なきしていました…
「出せ~」と大騒ぎしているそうで…(゚ー゚;
キャリーバッグの中でもずっと鳴くんですよ…(^-^;

退院は月曜日以降になります。
明日電話して確認します。
今日は面会に行きたかったのですが、日曜は病院が混んでて大変なのでご遠慮くださいと…仕方ないです、我慢ですdespair

はやてがいないからでしょう、ありすがとても甘えてきますheart04
そうでした…ありちゃんは甘えんぼうさんでした。
いつもは我慢しているんだねweep
なので、いっぱい甘えさせてあげようと思いますhappy02

2017年1月29日 (日)

はやて、手術を受けることになりました。

2週間ぶりです(^-^;
タイトルにありますように、はやては2月4日に手術を受けることになりました。
角膜の薄い部分が傷ついてしまったため、内科治療では対応できなくなりました。
なにがあったのか、順を追って書いていきます。

1月18日の夜、私ははやてとおもちゃで遊んでいました。
途中髪を乾かすために中断し、戻って遊びを再開しようとすると…はやての様子がおかしい…??
なんだか動きが悪い…というか、動かない??
左目を見ると、普段から小さく膨れている部分が大きくなっています。
その後、左目は閉じてしまい、眼の下の部分が濡れていました。
涙かとコットンで拭くと薄赤い…出血している!?
翌日、主治医の病院は臨時休診だったので、近くの別の病院を受診し、金曜の朝に主治医に診てもらいました。
左目は傷つき中から飛び出ている状態だと言われました。
こうなるともう内科治療では対応できないので、手術を考えなくてはなりません。

翌日の土曜日、先生に紹介された病院へ朝から行きました。

紹介された病院は、自宅から1時間弱の大きな病院です。
眼科専門の先生に診ていただくと、やはり角膜が傷ついていて状態は悪いと言われました。
今の状態だと、手術をしても視力を残せるかどうかわからない、やってみないとわからないと言われました。
選択肢は2つ、左目をあきらめて摘出するか、結果はわからない手術を受けるか。
私の答えはもちろん後者、可能性があるのにあきらめるなんて選択はないです。
手術は高額で、通院をしなくてはならないし、目薬も点さなくてはならない、しかも見えるようにならない可能性は高い、それでもいいかと聞かれました。
手術は私の想定ほどの金額ではなかったし、週一の通院なんて問題ではないし、目薬は今までも点していたし…なので構わないです、と答えました。

ただショックだったのは、今回の原因。
外傷性…といことは、おもちゃが目にあたったということ??
私がいなかったときに何かあったのかもしれないけれど、おもちゃが当たった可能性は高い…。
おもちゃは柔らかいものだし、激しく振ったりしないけれど(ゆっくりめに動かさないと、はやての目では追えないので)
はやての目の真ん中には、ヘルペスウィルスの影響でぷちっと膨らんだ部分があって、ここはとても薄いと聞いていました。
ほかのコたちにはなんでもない刺激でも、はやての角膜は傷ついてしまう…そして実際に傷ついてしまったんです。
原因がおもちゃ…すなわち私自身…。
これはあってはならないこと…私は打ちのめされました。
はやてと、はやてを私に託してくださったチームにゃわんさんに、申し訳ない思いでいっぱいでした。

その後、インスタでみなさんに励ましていただき、チームにゃわんさんも私を責めたりなさらずに御守を送ってくださったり…
私にできることを精いっぱいすること!めそめそしている場合ではない、はやてのチカラを信じてがんばろうと思えるようになりました。

01291

なんでしゅか…ねむねむでしゅ…

01292

ぐぅ~~~(-.-)zZ

これは平和なときのはやて( ^ω^ )
角膜損傷後、2日くらいはおとなしめだったけれど、3日目くらいからは走り回っていたはやて。
先生は、「光を感じるくらい…見えてても輪郭くらいでしょう」と言われますが、ありすとの追いかけっこも以前と変わらず、小さいおもちゃを転がしていたり、細いところを歩いていたり…と、「見えてるのでは?」と思う行動をとっていました。

そして昨日、またしてもはやては角膜を傷つけてしまいました(;ω;)

昨日の夕方、買い物から帰宅するとはやてがこじんまりとおとなしい…
あれ?と見ると、左目を閉じてじっとしています。
左目の下が濡れているのでコットンで拭くと、またしても薄赤いΣ( ̄ロ ̄lll)
病院に電話をすると、すぐに連れてきてくださいと言われました。
通院のときにいつもお迎えにきてくれる、とても優しい友人夫妻にお願いして車で連れて行ってもらいました。
診察の結果、角膜に傷がついていると…
傷はふさがるので、2月4日の手術まではこのままで過ごしましょう、ということでした。
ごはんを食べない、ということであれば、またすぐに来てくださいと言われました。
できれば、手術まではおとなしく安静にしていたほうがいいそうで…(゚ー゚;
今はおとなしいけれど、痛みが落ち着いたらまた走り回るよなぁ~(;´Д`A ```

昨夜と今朝のごはんは、ウェットを食べてヤギミルクを半分弱飲んで…でした。
ドライも食べないと規定量ではないけれど、食べてくれてはいます。
痛みは結構あるみたいで、あれからずっとおとなしく寝ています。
ごはんも持って行って食べさせている状態です。
いつもは怪獣みたいに食べるのに…
前回損傷したときより、今回のほうが痛そう。ごはんも、前回は普通に食べていたし゚゚(´O`)

01295

今日のはやて

01296

ずっとこうして寝ている状態です。

明日からまた仕事が始まるけれど、すごく心配です(ノд・。)
できれば休んで、ずっと付いていたい…
ここんとこ残業続きで遅かったけれど、明日からはがんばって早く帰るようにしよう!



2016年11月13日 (日)

ありす、通院しました

昨日の土曜日、ワクチン接種と血液検査のために病院に行きました。
半年ぶりの血液検査、結果は…

161112

BUNとCREはともに下がって、正常値に入りました。
IPとCaは依然として高いまま…
CREは下がったとはいえギリギリだし…
これから寒くなるので、結石にも注意しないと!
次回は2月の通院です。

とはいえ、本猫はすこぶる元気いっぱいです。


1611121

おちゅうしゃを2ほんもしたです。
ありす、がんばったですよ!



ホントね(o^-^o)
おりこうさんに頑張ったね!
ワクチンのとき、先生に1回シャーしたけどね(^-^;



突然ですが、3週間後に子猫がきます!
熊本で活動されているチームにゃわんさんのところからです。
熊本市動物愛護センターに収容されて処分を待つ猫たちをレスキューし、
新しい家族への橋渡しをされています。

今は、熊本県動物管理センターに収容されたコたちもレスキューされています。
うちにくる「はやてくん」は、熊本県動物管理センターに収容されたコです。
収容されたとき、猫風邪で右目が飛び出て、左目にも白濁がありました。
レスキューしていただいて、病院で治療を受け、右目は摘出手術を受けました。
現在は退院してチームの方のご自宅でお世話になっています。
左目の角膜再生のために、頻繁に点眼してもらっています。

震災後、熊本県動物管理センターでは殺処分をしていなかったのですが、
14日から再開するという記事がブログに書かれていました…
それからは、ずっとずっとそのことが気になって気になって…
さっきブログを拝見したら、すぐすぐの殺処分の予定はなくなったそうです。
ブログをみて、たくさんのメールがきているそうです!
ああよかった…とりあえずはよかった…

殺処分は日本中で行われていることではあります。
熊本だけのことではないし、うちの市だってきっと行っている…
思うところはたくさんある。
日本の現状は腹立たしいことばかり。
だからといって、怒っているだけではダメですよね。
私のできることは小さいけれど…
ブログで拡散すること、物資を送ること、里親になること。
里親会でありすを迎えたのは、その思いがあったから。
そして次はハンデのあるコにしようと、そう考えていました。

チームにゃわんさんのブログ「にゃわん奮闘記」是非見てください!

2015年5月30日 (土)

北都ちゃん、体調を崩す…

Photo_2

たまには体調を崩すこともあるのよ…
でも、ほっとけば治るのに…

ダメですよ、北都ちゃんbearing
北都ちゃんは、爆弾を抱えている状態…って、先生から言われているんだからね。

月曜日の深夜、翌日の火曜の早朝、朝7時ごろ、北都ちゃんが吐きました。
いずれも薄赤い液体、7時ごろのはドライフードが一粒混ざっていました。
食欲はほとんどなく、食べたドライも吐いてしまいました。

帰宅後、父親に聞くと、日中も2回吐いたとのこと。
ドライもおやつも食べていませんでした。
そしてすぐに病院へ。

病院では、血液検査と尿検査を受けました。 
念のために尿は細菌培養もしました。

20150527

201505272

上が血液検査の結果です。
左端が今回の結果、右隣が前回でさらに右は前々回です。

いろいろと高かったり低かったりしていますが、BUNとクレアチニン(CRE)はあまり変化していませんでした。
先生はリンが上がっていることと、それに伴ってカルシウムも高いことに注目されていました。
これが今回の不調の原因かどうかは不明だけれど、カルシウムを下げるために、一時的にステロイドを投与すると。
細菌感染の恐れに備えて抗生剤、この2種類と胃薬も注射で受けました。

尿検査の結果は、潜血反応がありました。比重は1,012でした。
翌日は食欲も戻っていましたが、当初の予定どおり通院しました。
細菌培養の結果が出ていましたが、特に問題なしでした。

そして今現在、北都ちゃんはすっかり食欲が戻り、おやつばかり食べていますcoldsweats01
ドライも食べてはいますが…おやつのほうが食べている…まぁ、いつものことですがsweat01

ここんとこは調子が良かったので、久しぶりの不調でした。
すぐによくなってホッとしたよ、ほくちゃんconfident

2014年12月30日 (火)

予感的中…

Photo

病院に連れて行かれた…採血、皮下点滴、造血ホルモン、吐き気止め…こんなに刺された……annoy

coldsweats01上記はあくまでイメージですsweat01
実際は、よしよしすると(しなくても…かも)じきに機嫌が良くなる北都さんhappy01
北都さんの辞書に「ふて寝」はない!ですねhappy01

と、まぁ…なんとなく予感がしたので、本日病院に連れて行って血液検査をしてもらいました。
8月末に体調を崩してから、北都さんは毎月血液検査をしています。
前回からひと月経つし…。

結果は…

BUN:71.2→100.6
CRE:4.5→5.4

無機リン:4.6→6.9

特筆事項だけですが、予感的中でしたbearing
8月末から順調に下げてたけれど、ここにきてまた上がってしまいましたsad
最近はちょこちょこと吐いてたし…。

でも、だからと言って、特にしんどそうでもないし…まぁ普段どおりに生活しているし。
数値に踊らされないようにしようと思います。
今の北都ちゃんの状態を把握して、注意するということかな。

今はまだ食べてくれてるからいいけれど、食欲が落ちてきたら…またうろたえだすと思いますがsweat01



2014年4月13日 (日)

昴流の血液検査

2

こたつに入りたい昴流。少し待って、私が気が付かなければ「うわーん」と鳴いて催促します。
こたつ布団を上げてもらって中に入り、出てくるときも鳴いてこたつ布団を上げてもらって出てくる…私が家にいるときは、これが基本です。

昨日は昴流・北都ちゃんともに定例通院日でした。
昴流は2ヵ月ぶりに血液検査をしてもらいました。
この2ヵ月間は、フォルテコールを飲んだり、週一の皮下点滴、腎臓病の療法食、と昴流は頑張りました。
だから数値が良くなっててほしい…検査の結果を待ちながら、どきどきしてそう思っていました。
結果は…

腎臓系
BUN:67.9→34.8
クレアチニン:4.1→2.9

肝臓系
GPT:170→204
ALP:75→76

腎機能の数値はどちらも下がっていました。
特にクレアチニンの上昇が問題だったのですが、これが下がっててホッとした~happy02
GPTが上がっていますが、昴流はこの数値が上下するのはよくあることで、本人の調子に問題がなければ取り立ててどうこうはなさそうです。
他にも検査項目はありますが、ほかも前回と比べてそう問題はありませんでした。

通院、投薬、療法食…がんばったかいがあったね、すばちゃんhappy01
通院もずいぶん慣れてきて、昨日の採尿のときは横になってくつろいでいました。
ときどき「う~」と唸っていますが、「まぁ、一応唸っとこか」って感じでした。

昴流の体重は4㎏くらいになっていました。地味に減ってきていますthink
北都ちゃんは4.1㎏…そう変わらないけど…でもこれは、そろそろ北都ちゃんが昴流を抜いている感じですsweat02
全盛期の8.8㎏の半分以下になってしまった昴流think
4㎏を切るのも近いんでしょうねsweat01
昴流が4キロを切る日が来るなんて、今まで考えもしなかったわsweat02(まだ切ってませんが)


昨夜テレビを見ていたらゴマフアザラシが出てきました。
転がっている様子を見たとき、「昴流が転がっていると、アザラシみたいだったなぁ」と思い出しました。
耳を手で隠すとアザラシそっくりだった。

痩せていく昴流に心を痛める母ですが、当の昴流はもちろんそんなこと気にしてはいない。
毎日を少しでもご機嫌に過ごしてくれれば、それでいいと思っています。

2014年2月23日 (日)

ここんとこのうちの子たち

Photo_2

はい!ポーズcamera 可愛く決めましたheart04

ここんとこ昴流の『抱っこ猫』度がアップしていて、なかなかPCに触れない状況でしたcoldsweats01
今も昴流がこたつに入った隙に書いてしまおう、と思っています。

土曜日は、昴流と北都ちゃんの定例通院日だったので、それぞれの病院に連れて行きました。
昴流は前回のコンベニア注射から2週間経ったので、尿検査を受けました。
結果はとても良く、2種類使っていた抗生剤を1種類に減らすことになりました。
やっとお薬を飲めるようになった昴流、ここでやめてしまうと逆戻りするかも…と思い、飲ませている抗生剤をやめるけれど替わりに別のお薬を飲ませることにしました。
今一番飲んだ方がいいお薬を先生に聞くと「ACE阻害剤(フォルテコール)」ということでした。
北都ちゃんが飲んでいて、碧も飲んでいたお薬です。
昨日はお試しとしてビーフフレーバーのフォルテコールを出していただきました。
病院にビーフフレーバーしかなかったためなので、バニラのほうは北都ちゃんのを1錠もらって試してみようと思います。
飲む量は1日半分、昨日飲ませたところ難なく飲みました。
昴流は今まで、苦い抗生剤をお口に入れると自分で飲んでいました。
お口の真ん中に落とせなくて横にずれても、自分で飲んでいた良い子です。
苦くないフォルテコールはどちらのフレーバーでも大丈夫だと思います。

腎臓病のウェットフードは…あまりお気に召さないようですsweat02
最初そこそこ食べたのは、物珍しさからだったようです…そんな気がしてたわcoldsweats01
今はロイヤルカナンの腎臓サポートのウェットを出しています。
これも初回は完食したのですが、いまはイマイチみたいです…でもほかのよりは食べる感じなので。
ウェットがイマイチなので、ドライを以前より食べています。
これは腎臓サポートスペシャルと消化器サポートを混ぜたものなので、こっちを食べてくれてもOKです。


2014 これは満開の胡蝶蘭shine
今年も綺麗に咲いてくれましたhappy02 私なりに手をかけている(つもり)なので、咲いてくれると嬉しいですheart04

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

妖精にゃんこ

  • 天真爛漫の具現化みたいな、はやて
    うちの可愛い猫たちの紹介ですv

お友達にゃんこ

  • 卯璃(うり)ちゃん
    うちの子たちのお友達ですv

うちの猫用品

  • ウェットフード
    うちで使っている猫用品をご紹介します。

ポチッとよろしくねv

  • にほんブログ村 猫ブログへ

おおさか ねこネット

毛皮はいらない!

  • http://gingamucompany.cocolog-nifty.com/blog/
無料ブログはココログ